日別アーカイブ: 2017年7月9日

012-20 カンボジアツーリング8日目⓷ バッタンバン→プノンペン(その3)

2012年11月4日⓷ バッタンバン ⇒ プノンペン⓷

お腹が空いた 

早く食堂のある村に着かないかな  と走っていると、ドライブインか、鍋がいくつもある食堂らしき店発見
やっと昼ごはんにありつける
14:30
あ~ぁ、腹減ったぁ~

20121104-45

 

20121104-46

 

どれがいいかなと、全ての鍋の蓋を取って物色する 

20121104-47

 

 

20121104-48

 

パイナップル入りの肉野菜煮込みとライス R6000

20121104-49

 

.

20121104-50

 

バッタンバンからだいぶ走ってきたのでガソリンが心配。ガス欠になる前に給油しないと

16:00
GSで給油
70,109km バッタンバンから 171km地点。

20121104-54

 


リッター当たり、US$1.228 で、3.5リットル給油で、 計US$4.3
現地通過のリエルで支払った。 R17,800でした。

20121104-52

 

まだ、130km近くある。
休憩は無しだ。早く行かねば

250ccのオフロードバイクじゃなく125ccのスクーターだから、道路もところどころ穴ぼこという怖い仕掛けがあるから・・・下手にスピード出すとほんとに大怪我の事故をする、オフ車なら切り抜けると思うが・・・スピードを出しても60~70km/時が限界。
と言うことは、早くても2.5時間 えーぇっ
もう16:00過ぎてるから、
日没は17:45頃、
ということは、残り1時間分60kmほどを夜の暗い中走らねばならないのか、ガックし

プノンペンはあきらめ、手前の街でゲストハウス探してそこに泊まるしかないかな

沈み行く太陽  

20121104-52

待ってくれぃ~・・・

20121104-51

 

猛スピード(60~70km/時くらい)で走って来たが、まだ50kmほどある。

サングラスだと見えないので、はずす。

砂埃や塵、小さなゴミ、虫たちが顔に飛んでくる。目に入らないように目を細めて、スピードも落として運転を継続。

一時間ほど我慢して走り抜き、やっとプノンペン市街の外れにたどり着いたようだ。コンクリートの建物、ビルが増えてきた。市街中心部まで残り、十数キロだ

19:15頃
プノンペン到着、中華系の安ホテル(これまでの私にとっては一番高いが)のパラダイスホテルに泊まることにする。セントラルマーケットへは、徒歩で5分ほど。ツーリング出発前に泊まっていたキャピタルゲストハウス、ナイスゲストハウスへは、徒歩10分ほど、自分にとっては土地勘がある場所。
安ホテルとはいってもゲストハウスに比べるとはるかに良いホテルでした。
パラダイスホテルにチェックイン 
US$20/泊 ・・・ 朝食つきです。

20121104-60

 

夕食はどうしようか?
シャワーを浴びた後、テクテクとセントラルマーケットへ 
今日は疲れたので、食べなれた食事(欧米の料理?)を食べたいと思い、St.130をリバーサイド(シンワットキー通り)までさらにテクテクと歩いていく  パラダイスホテルから徒歩20~30分くらいか。
欧米のミュージック、ダンスミュージックが響き、ネオンがきらめく、所に出てきた。どこも欧米観光客で賑わっているバー・レストランの数々。

賑わっているバー・レストランの一つに入って、
アンコールビールの生とcalamari、イカを揚げた料理だったか?を注文。US$4.25+R3000。

20121104-53

 

20121104-54

 

この店のウェイターのPanha。
少し話をしていて仲良くなり、彼のTEL№をもらう。
iPhoneに登録したが、海外での携帯の使い方がよく分かってないのと料金も高額か気になってしまうのとで結局携帯TELは使わず。

Panhaはこの店で働き始めてまだ一週間ほど。まだ見習いです、とのこと。
彼女もいないんです、と。今日、私の仕事終わったら一緒にディスコ(だったか、ダンスするところ)へ行かない?と誘われるが、明日、カンボジアの海の町、シアヌークビルに行こうと思っているので、今回は止めにした。シアヌークビルから戻ってきたら、一緒に行こうと伝える。(・・・結局その後、会わずに終わるが)

なかなかの好青年そうでした。

20121104-55

 

お腹が全然一杯になってないので、別の店でピザを。
ビールUS$1.5、ピザUS$8+$0.5

20121104-57

 

どこの店もサッカー中継

20121104-58